ブレーキ操作など詳しい状況 元院長から聞き取り(19/06/13)

ブレーキ操作など詳しい状況 元院長から聞き取り(19/06/13)

東京・池袋で車が暴走して12人が死傷した事故で、警視庁は車を運転していた88歳の元院長を現場に立ち会わせて実況見分を行いました。 旧通産省・工業技術院の飯塚幸三元院長(88)は4月、豊島区東池袋で車を暴走させて交差点に突っ込みました。この事故で3歳の女の子と母親が死亡、10人が重軽傷を負いました。警視庁は飯塚元院長が運転操作を誤ったとみて、過失運転致死傷の疑いで捜査しています。警視庁は13日午前10時ごろから、飯塚元院長を現場に立ち会わせて実況見分を行いました。飯塚元院長はこれまでの事情聴取に「ブレーキを踏んだが、利かなかった」などと話していることから、警視庁はどの地点でブレーキを踏んだのかなど当時の詳しい状況を聞き取るということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsカテゴリの最新記事